閉じる

アラサーからでもバストアップできる?

大きな胸、美しい形をした胸は、女性らしさの象徴です。「バストがもうワンサイズ大きければ…」と悩みつつも、「これ以上は大きくならないでしょ?」と諦めてきた女性も少なくないでしょう。しかし、大人になってからも育乳は可能です!ここでは、アラサーから始めるバストアップに関する情報をまとめています。

25歳前後でバストは完成形へ

「思春期を過ぎているのに、これからバストサイズを上げる方法なんてあるの?」と思う方もいるでしょう。大人のバストが完成するのは、24?26歳ごろ。またそれ以降の30歳前後であっても、乳腺を退化させないようにエストロゲンの摂取やマッサージを行なうことで、サイズアップが期待できます。

乳腺を発達させるとバストアップに繋がる

バストは脂肪と乳腺できています。胸のほとんどは脂肪ですが、脂肪がつけばサイズアップに繋がるという訳ではなく、育乳においては乳腺を発達させることが重要です。女性ホルモンが分泌されることで乳腺が発達し、その乳腺を守るために脂肪がついてバストが大きくなります。バストのサイズや形に悩みを抱えている女性の多くは、不規則な生活やストレスでホルモンバランスが崩れていることが少なくありません。女性ホルモンが分泌されやすい状態に整えることが、育乳の第一歩です。

育乳ブラで美胸をつくる

育乳ブラとは、脇や二の腕のお肉をバストへ寄せて、バストアップした状態を体に記憶させるサポートをしてくれる下着です。寝ている間にバストの形が崩れ、お肉が脇や二の腕など他へ逃げて行くのを防いでくれます。ナイトブラとして使うことが多く、日中着用するブラと比べて圧迫や締め付けが少ないタイプが中心です。

育乳ブラの選び方

バスト以外の場所にあるお肉を移動・固定させるためには、バストへ集めたうえで逃げないようにホールドする固定力が重要です。一方で、小さいサイズのブラで無理に絞め上げるのは血行不良に繋がり、育乳効果を低下させます。自分のサイズに合った育乳ブラを選びましょう。また夜間使用する場合は、寝心地に影響しないようにノンワイヤータイプを選ぶのがおすすめです。

バランスの良い食事で女性ホルモンを増やす

1・味噌汁
味噌・豆腐など、複数の大豆製品を使う味噌汁。大豆イソフラボンには分子サイズの異なる2種類が存在しますが、味噌汁では分子の大きいグルコシド型を豆腐から、分子の小さいアグリコン型を味噌から摂取できます。また、味噌汁は具材を自由に組み合わせやすいため、豆腐以外にも育乳効果を期待できる食材を加えることが可能です。おすすめは卵や油揚げ。味も変えやすいので、飽きのこない毎朝の育乳習慣として最適なメニューです。

2・生のキャベツやりんご、アボガド、ナッツ類

エストロゲンを活性化させる働きを持つのが、ボロンという成分です。キャベツやりんご、アボガド、アーモンドなどに含まれています。ボロンは熱に弱いため、加熱調理を避けて生で食べるのが◎。キャベツはサラダ用に千切りしたものを食べるのが良いでしょう。また糖質制限時の間食として人気の高いナッツ類は、手軽にボロンを摂取できる食材です。仕事で疲れてキッチンに立つ体力が残っていない日は、ナッツからボロンを食べるのがおすすめです。

いかがでしたか?
アラサーからでも日々の生活習慣や食事、毎日育乳ブラを着けることで、徐々にバストが育っていきます。
皆さんも日々の努力を怠らずに頑張っていきましょう!

© 2020 Myfinelingerie | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.